カテゴリ:イエシロアリ (1/38) |  福岡県古賀市シロアリ駆除・調査・対策・サトーシロアリ技研

イエシロアリの記事 (1/38)

駆除判断するのは(2)

蟻道
今日の福岡は気温9度早朝は気温も下がり
一部地域では早朝の雪で路面が滑り
事故で道路は長い渋滞となっていました
市内移動は雪も積もらず大丈夫でした
先日からの北九州市でのシロアリ調査です
1階の空き部屋の調査では床下はベタ基礎でした
配管周りからのイエシロアリの蟻道も
左側の蟻道は一度壊され修復されていました
蟻道内での確認でもイエシロアリの姿はない状態でした
建物を調査していくと被害部分に取り付けられた
駆除用ベイト剤ボックスには現在もベイト剤が残り
取り付けられた被害箇所も判断的には設置しない箇所で
ボックス内にはイエシロアリの出入り跡は有りませんでした
管理されてる方との話でもイエシロアリの生態の話から
駆除方法、駆除完了の判断など記録に無い事でした
イエシロアリの生態に合った駆除方法で有っても
今回の調査では駆除完了していますという判断にはならず
マニュアルでの処理・設置はシロアリの生態を知らなくても出来ますが
シロアリは説明書どうりには動きません
建物の被害状況も確認されず設置してイエシロアリの姿が無ければ
駆除完了でも有りません
もう一度気温が上がる時期に調査が必要です
当社は有料の調査になりますが
調査から駆除まで御自宅に合った駆除対策を考えます
気温が低い時期ですがシロアリで不安な場合は御相談下さい





スポンサーサイト

駆除判断するのは(1)

イエシロアリの被害
今日の福岡は気温5度朝は雪も降り寒い一日でした
先日は管理を任されています方からの御相談で
アパートのシロアリ調査に御伺いさせて頂きました
御相談時の現場住所は北九州市と言う事で
この地域では、この時期でのカンモンシロアリの生息も確認出来ています
現場での確認ではアパートの空き部屋を見て行くと
イエシロアリの羽アリの死骸も有り
2階の空き部屋にはイエシロアリの羽アリが群飛した
群飛口が多く確認できました
被害部分の蟻土は壊されていましたが修復されていました
調査時は雪も降り気温は4度と低い状態での空き部屋でした
被害部分からのイエシロアリの姿は確認出来ませんでした
又、現場の調査で見えてきたのは、駆除処理跡が有りますが
駆除完了記録がはっきりとされておらず
アパートのオーナー様も駆除後の判断に迷いが出てる状態でした

天井裏のイエシロアリ

天井裏のイエシロ
今日の福岡は気温20度朝から雨となり肌寒く感じます
先日のイエシロアリ駆除現場同行では
床下天井と確認させて頂きました
浴室部分が本巣と判断しての駆除処理でした
床下の被害部分ではイエシロアリの姿は確認出来ませんでしたが
天井裏では細い蟻道でしたが、活発に兵隊蟻の姿も確認出来ました
薬剤濃度を考え泡剤・薬液と判断しながらの処理でした
気温が下がり出しましたが、動きのある部分も有る為
確りと調査が必要です
駆除したから終わりでは無く
これからのシロアリ対策として調査して判断したいと思います

能古島のイエシロアリ(7)

樹木の巣
今日の福岡は気温18度雨の一日でした
気温も下がり肌寒く感じます
能古島のイエシロアリ現場では敷地外の樹木に
イエシロアリの生息が有りました
樹木敷地の家主様に了解を得て確認させて頂きました
50センチほど掘ると感触と音が変わり
分巣を掘るときに見ていた家主様も
スコップの音が変わると巣がある事が分かられました
巣内に手を入れての確認では兵隊蟻の攻撃と
巣内が暖かく感じました
巣は大きく感じ、長い年数駆除されず
イエシロアリの活動範囲が広がり
倉庫、住居と被害が進んで行ったんだと思います
今回のイエシロアリ駆除現場では
長い年数、放置されてる空き家も有り
この樹木前の住宅も外からの確認では壁の亀裂には
蟻土も確認出来ましたので
建物内も確りと調査が必要です
毎年イエシロアリの羽アリの群飛時期には
必ず見かけるとの事で、来年の羽アリの時期前には
調査で見てみたいと思います
今回の能古島のイエシロアリ現場でも
調査の大事さを感じ、良い経験になりました
近い島ですので、一度確りと調べてみたいと思います




能古島のイエシロアリ(6)

敷地外の樹木
今日の福岡は気温19度雨の一日でした
気温も下がり肌寒く感じます
能古島のイエシロアリ現場では
敷地外も見て回ります
樹木、建物も遠くから見させて頂きました
被害の有る倉庫から離れた樹木の草をかき分けると
樹木周りには蟻土が確認出来ます
前日の雨にて水分を含んでいますが
上手く水取をしてる感じです
調査中は日も当たらず暗い感じでしたが
この樹木の位置から倉庫・被害住宅の距離も
イエシロアリにとっては移動範囲内です