2014年10月の記事 (2/4) |  福岡県古賀市シロアリ駆除・調査・対策・サトーシロアリ技研
FC2ブログ

2014年10月の記事 (2/4)

敷地内で見かけていたシロアリ(2)

床下の蟻道
今日福岡は、気温26度と蒸し暑く感じました
午後には、天気も雨となりました
先日の敷地内で見かけていたシロアリの住宅床下の
イエシロアリの蟻道です
調査で住居敷地内の樹木を調べていましたが
敷地内の樹木には、手ごたえを感じませんでした
少し、周りを見て無かった要で、住居敷地以外も歩いて見ていくと
御近所敷地内庭の樹木にも、シロアリ被害が多く確認出来ました
巣は、敷地外とも考え
家主様とは、イエシロアリの生態の話、今後の駆除対策を話
一度の駆除と考えず、この時期のイエシロアリの動きに合わせ
駆除を進めて行きます
御自宅に合ったシロアリ駆除・対策を考えます

湿気対策とシロアリ

ヤマトシロアリ蟻道
今日福岡は、気温26度と天気も良かったです
お電話でのシロアリ相談後、現場調査となりました
以前、増築部分でのシロアリ被害が有り
その時、床下の湿気が高いからとの事で、床下換気扇と
新たに換気口を2ヶ所開口されていました
今回の調査で、新たに換気口開口した1ヵ所にはヤマトシロアリの生息蟻道が確認
増築部分と玄関周りに被害生息が確認出来ました
床下換気扇設置でシロアリが侵入しない事は有りません
確りと、シロアリ調査で御自宅の床下状態を知って頂き
御自宅に合ったシロアリ対策を考えます

巣の掘り出しから5年経ち

敷地内の巣
今日福岡は気温27度と暑く感じました
今日は福岡の白蟻会社、社員さんと現場に同行させて頂きました
この現場は、社員さんと5年前にイエシロアリ駆除施工の現場で
良い経験をさせて頂いた現場でも有ります
この地域は、イエシロアリの生息も多く、マンション、住宅と外周全体には
白蟻監視ステーションを多く見かけます
こちらの住宅は木造布基礎の築80年になります
5年前は、玄関のドアに砂が溜まり出しイエシロアリの生息被害が確認出来ました
調査では、イエシロアリの翅蟻群飛は無く、天井裏の被害も無く
床下空間での大きな蟻道も無く、被害生息は土間の玄関ドア木部でした
5年前は、玄関前の大きな桜の木にもイエシロアりの生息も確認出来たので
被害の有る玄関前周辺に、巣が有るのではと判断していましたが
建物裏の細い樹木の根元にイエシロアりの巣が確認出来
掘り起しでは、巣内から女王さんを確認出来ました
写真のモルタル補修跡と、大きな樹木の間に巣が有り
巣から玄関までの距離は20メートルでした
現在も、住居敷地内では、イエシロアリの生息は有りませんでした
失敗して学ぶ事は多く有り、巣が上手く判断出来ての処理は少ないですが
現場で思う事は、薬剤の大量散布、建物外周全体の設置マニュアルでは無く
シロアリ調査の大事さだと思います



調査してシロアリ対策

玄関のリホーム
今日福岡は気温24度と天気も良く暖かい一日でした
中古住宅を購入後、室内はリホームされています
敷地内の倉庫に、シロアリ被害を確認され、住居のシロアリ調査となりました
敷地内の倉庫のシロアリ被害は、ヤマトシロアリの被害ですが
現在は、生息無く古い傷跡でした
住居床下の調査では、床下空間でのシロアリ被害生息は有りませんでしたが
以前、玄関周りのリホーム工事がされており
床下空間には、以前の玄関周りが確認出来ました
リホーム後、玄関周りの床下空間が低くなり
玄関周りの床下空間には調査侵入が出来ませんでした
目視調査と、ターマトラックでのシロアリ生息は確認出来ませんでした
購入された家主様も、今回の調査で床下の状況を、初めて知られました
床下侵入出来ない空間に、動噴の圧力を上げて、薬剤散布してれば良いと言う
事では有りません
写真の要にシロアリの移動侵入ポイントは多く有ります
動噴の圧力を上げての闇雲な薬剤散布では、ポイントには無理です
今後は、調査でのシロアリ対策ですが
調査道具を改良して
こちらの住居床下用の調査鏡で、目視出来ない部分の調査が出来ました
御自宅の床下の状況を知って頂き、ご自宅に合ったシロアリ対策を考えます



リホーム前の調査

浴室土台
今日福岡は、気温23度と今週は天気も良い日が続きます
貸家の調査に、お伺いしました、、
築30年は過ぎています木造住宅平屋の貸家です
以前の入居者さんが、引っ越しされ
今回入居前のリホーム工事を考えての調査となりました
浴室前の廊下、キッチンの床の弱い部分が有るため
床下の状態を見てのリホーム工事予定です
床下空間では、シロアリの被害侵入は、有りませんでしたが
浴室土台腐朽と、黒蟻の生息が確認出来ました
今回の調査で、まず先にリホームする箇所を絞り込むようです
シロアリ対策は、今後の調査で見ていく予定です
リホーム工事前など、まず床下の状態を知って頂くために
調査は考えられて下さい

敷地内で見かけていたシロアリ

イエシロアリ被害
今日福岡は、気温22度の晴れでしたが、朝晩寒くなりました
今日は午後に、地元の畳屋さんから
家具を移動したら、シロアリの被害の要だと御連絡頂きました
調査現場は、少し歩けば、海岸と、松林です
この地域も、以前の住居建物から新築住宅の並ぶ地域と変わりだしました
調査では、住居内に侵入していますシロアリは、イエシロアリです
床下調査では、数本の蟻道が確認出来ました
天井裏の木部被害は無く、翅蟻もまだ確認されていません
敷地内には、樹木も数本確認出来ますが、目立った樹木の被害蟻道は確認出来ませんでした
家主様との会話では以前から敷地内、外基礎周りに置いています木材、ガーデニング材料と
シロアリの生息には、気ずいておられたようで外基礎周りに細い蟻道を見つけては
壊されていたそうです、確認でも壊された後の蟻道跡も多く有りました
気になる樹木は数本有りますので、再度調査したいと思います
敷地内で見かけるシロアリの種類、イエシロアリの場合も有ります
まずは、シロアリ相談か調査と考えて下さい
イエシロアリだから、大げさな建物全体の設置、被害の無い天井裏の薬剤散布は勧めません
被害状況、生息状況も同じでは有りません
調査して、御自宅に合ったシロアリ駆除、対策を考えます

細い蟻道の先は

細い蟻道の先は
今日福岡は、気温22度と良い天気でした
先日は、福岡の白蟻業者さんからの急な現場同行連絡が有り
自宅からの近くでもあり、現場にお伺いしました
2階建てのアパート空き室の改装工事中に、シロアリの生息が確認されました
既に、改装工事は進み
床下の部材も一部交換されていました
撤去の被害材内には、ヤマトシロアリの生息が確認出来ました
目で見える被害部分は、撤去されていましたが
写真の床下基礎表面に、設置されている木材のシロアリ被害は気ずかれて無く
調査では、土壌と木材のすき間に、土壌からの細い蟻道が確認出来ます
被害が有れば交換するとの事でしたので、木材を基礎表面から外した状態です
細い蟻道の先は、木材と基礎のすき間に侵入してしまえば、シロアリには良い移動ポイントです
基礎表面の設置木材すき間には、ヤマトシロアリの被害生息が確認出来ます
床下での基礎表面の木材設置、外基礎周りでも、基礎周りの木材放置、
ウッドデッキの基礎表面の木材設置は注意されてください

飼育ケースのヤマトシロアリ

飼育ケースのヤマトシロアリ
今日福岡は、気温22度少しずつ寒くなってる要です
先日は、台風の接近で、天候も悪く
飼育のヤマトシロアリを観察していました
最近は、ケース内側も汚れが目立ちだしました
ヤマトシロアリも、楽な道を通れば良いのですが
汚れたガラス面を、登れば落ち、登れば落ちての繰り返し
ヤマトシロアリの凄さと、可愛さを感じます
自分も頑張らなければと、観察して思います


浴室タイル下のヤマトシロアリ

ヤマトシロアリ
今日福岡は気温21度寒く感じました
午後から台風の雨風が強くなりました
先日、工務店さんからの連絡で、浴室解体中にシロアリの様な虫が多く出てきたと
御連絡頂きました、現場が遠くでしたので虫の採取と、被害材を捨てずにと話し
午後に現場にお伺いしました、
既に、浴室のタイルと、タイル下の土壌も掘り出されていましたが
浴室内側の基礎表面には蟻道は有りましたが蟻道内にはシロアリの姿は無く
蟻道を追って掘り起こすと、ヤマトシロアリの姿が確認出来ました
床下調査では、浴室以外はシロアリ侵入生息被害は有りません
浴室被害も床下側からの目視では、大きな被害では有りませんでした
家主様との話でも、新築25年ですが翅蟻の目撃は無く
今まで、薬剤による予防施工も無く、シロアリ調査も有りませんでした
今回の浴室解体で、シロアリ侵入を知りました
リホーム前の調査で有れば、今回の浴室土台の被害も大きく有りませんが
シロアリ被害と確認出来ます、リホームに合わせて対策も考えられました
工務店さんによっては、シロアリに対する考えの甘い方も多く感じます
家主様も、住宅のリホーム工事、住宅のメンテナンスと考える時は
シロアリ調査は考えられて下さい、床下の状態を知る事が大事です
シロアリ調査後、必ず薬剤散布予防が必要とは考えていません
御自宅に合ったシロアリ対策を考えます


防湿コンクリートすき間

防湿コンクリートすき間
今日福岡は気温25度台風接近前の曇、午後から雨降りでした
先日のシロアリ予防施工現場です
新築時からの11年目になります、解体予定される建物外周設置のウッドデッキに黒蟻と腐朽
一部ヤマトシロアリの生息が確認出来ました
家主様とのシロアリ対策で、床下デッキ側の防湿コンクリートすき間と玄関部分の薬剤処理での予防となりました
床下は、防湿コンクリート、鋼製束、基礎パッキン、浴室はユニットです
今回の調査の前には、他社無料調査とインターネットでの調査業者の2社既に見積りされていましたが
2社とも床下全体の薬剤散布お見積りでした、床下の構造、シロアリの生態などの話は無く
今なら、坪何円の金額勝負の要です
家主様と構造の話と、シロアリの侵入ポイントの説明
今後のシロアリ対策として、調査点検での対策
今回の要に、一部分だけ薬剤を使ってのポイントの処理も考えられました
必ず、シロアリ対策は床下全体の薬剤散布だけでは有りませんので
御自宅の構造、状況、調査されて、御自宅に合ったシロアリ対策を考えます