施工した痕と言われると |  福岡県古賀市シロアリ駆除・調査・対策・サトーシロアリ技研

施工した痕と言われると

穿孔処理
今日の福岡は気温33度朝の通勤時間には風と激しい雨降りでした
午後には晴れとなり蒸し暑い一日でした
先日は御世話になっています建築会社さんからの
御紹介で空き家のリホーム工事前の調査に御伺いしました
現場では一部分床板も確認のため開口され
床下を見た大工さんが白蟻工事した痕があるねと言われました
床下の調査ではシロアリの生息は被害は新築時から有りませんが
床下の木部には数多くのドリル被害痕が確認出来ます
必要でないドリル穿孔によって傷つけられた木部です
人によっては白蟻工事痕と言われますが
シロアリの動きも関係なく木部に穿孔し大量に薬剤散布する
マニュアルでの施工痕です
床下・天井裏のドリル穿孔の数が多いほど
技術の無い証拠です
床下の状態を確りと知ってください
シロアリよりも怖いのが
シロアリ予防・シロアリ駆除と言いながら数多く穿孔する業者です



スポンサーサイト

トラックバック